スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気のない職場を阻害したインシデント

組織力は、個人の力×個人間のつながりの掛け算になる。
確かに成果主義のおかげで仕事の定義の明確化と専門性の深化で、非効率的な部分を排除し、
職場の生産性は高くなった。

専門性を深めるためには仕事は細分化され、細分化によって専門性が高められ、成果と品質の安定とコストも下がり、生産性の向上が図られる。


こんなことだ 「あなたの仕事の範囲はここで、期待する成果はこれ」と言われたらその範囲で集中するに決まっている。
「それは私の仕事ではないよ」という空気が職場に蔓延し手を差し伸べることや協力することにとまどいが生じている。

しかし、個人間のつながりは、どうであろうか、つながりを束ねることである。
日本の会社は従来、社員の相互協力の元で機能してきた。社員間の協力行動で、難なく解決できていた問題が、
対応できず、その結果、顧客対応や品質の問題でトラブルが生じている。

個人の力の向上に注力しすぎたことで、その弊害として束ねることが疎かになっている。
今までは仕事に対していい意味での曖昧さがあった。曖昧であるがゆえに、自分の仕事の前後の工程や
関連工程を知る必要があった。そのために自分の仕事をしていても、受け手の状態を考えながら調整をすることや
ミスを事前に察知して手を伸ばす行動が自然に取れていたのだ。

仕事において境界をもうけ、深さを求める意識を強めて、従業員はどんどん蛸壺の奥へ奥へと入って行ってしまった。
蛸壺の奥へ入ってしまった従業員の苦悩は、だれにもわからない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

office nakashita

Author:office nakashita
walk with you as one

中小企業診断士 1966年7月 A型 男性

仲下聖治 なかしたせいじ   大阪 豊中市在住

「社会に貢献したい」「年齢に関係なく働きたい」などで女性やシニアの方々の起業創業が増えています。しかし起業創業時には不安が先立つものです。
その不安を少しでも事前に取り除く必要があります。
法的手続きやお金の融資のことなどの疑問にわかりやすくサポートいたします。

最新記事
セミナー講座のご案内
とよなか 女性・ビギナー 起業お手伝いセミナー ひと花さかそう塾  参加費用 1500円
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。