スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス業の職離率が高いのでしょうか?

2012年11月に厚労省から発表された 業種別の離職率について

サービス業ほど高くなり、また若年層ほど高いという報告結果となった。

離職が進むということは、企業は、デメリットだらけである。

要因は人に関する問題である。

だからと言って給料や時給をあげて有引力を高めるだけでは、多少のインセンティブ効果はあるが
離職率の低減にはつながらない。

最近の人、特に若い世代は、働く目的の中で「収入を得ること・生活費を稼ぐこと」というものが占める割合が減
っており、代わりに「成長できること」「自己実現につながること」「自分の時間や家族との時間が大切に出来る
こと」というものが占める割合が大きく増えている。


なぜ離職したのかをきっちりと検証する必要がある。
検証しその課題に対して真面目に取り組む企業こそが成長するのである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

office nakashita

Author:office nakashita
walk with you as one

中小企業診断士 1966年7月 A型 男性

仲下聖治 なかしたせいじ   大阪 豊中市在住

「社会に貢献したい」「年齢に関係なく働きたい」などで女性やシニアの方々の起業創業が増えています。しかし起業創業時には不安が先立つものです。
その不安を少しでも事前に取り除く必要があります。
法的手続きやお金の融資のことなどの疑問にわかりやすくサポートいたします。

最新記事
セミナー講座のご案内
とよなか 女性・ビギナー 起業お手伝いセミナー ひと花さかそう塾  参加費用 1500円
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。