スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランフロント大阪の本来の存在意義とマーケティング戦略

繧ー繝ゥ繝ウ竭「_convert_20130501162408

4月26日に誕生したウメキタのグランフロント大阪のデザインです。
三菱地所と日建設計の総力を挙げたデザインである。

阪急本店とよく似たデザインだ。計画時に梅田としての統一感を重視したようだ。

外観の好き嫌いは、誰しも当然あるが、10年さらに20年後にも斬新さや革新さが発信できるだろうか
少し疑問にも思う。

ショップ&レストラン合わせた266店舗数は、大きな特徴の一つである。

関西の各TV雑誌などのいわゆるマスなメディアは、この部分をばかりを注目して取り上げている。
それでは、食べ物とファッション雑貨だけの施設と勘違いされる。

確かに大阪人は食べもの屋さんを取り上げると、視聴率や雑誌の販売数が伸びるそうだ。
消費者行動の原理として認知⇒興味⇒欲求、我がこと化⇒行動である。

消費者に認知させ興味を抱かせるということでは、一応成功だと思うが、

完全に本来のナレッジキャピタルとして存在意義や
ナレッジキャピタル顧客へのマーケティングが後回しになっている。


今後その本来のターゲットに対してどうマーケティングをしていくかがカギである。
2年後には、結果がでるだろう。

単なる商業施設で通すのか、ナレッジキャピタルとしての存在価値を
どのように発信していくのかが、ポイントである。

ナレッジによる成功事例などをそのプロセスを踏まえてマスなメディアを通して
ターゲット層に伝えることが大切だと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

office nakashita

Author:office nakashita
walk with you as one

中小企業診断士 1966年7月 A型 男性

仲下聖治 なかしたせいじ   大阪 豊中市在住

「社会に貢献したい」「年齢に関係なく働きたい」などで女性やシニアの方々の起業創業が増えています。しかし起業創業時には不安が先立つものです。
その不安を少しでも事前に取り除く必要があります。
法的手続きやお金の融資のことなどの疑問にわかりやすくサポートいたします。

最新記事
セミナー講座のご案内
とよなか 女性・ビギナー 起業お手伝いセミナー ひと花さかそう塾  参加費用 1500円
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。